マンスリーマンション

サイトマップ

賃貸マンションとマンスリーマンションの相違点

茶色いマンション

マンスリーマンションと賃貸マンションは、1つの建物にいくつかの部屋があって、各部屋に契約した人が住む事は共通しています。家賃は基本的には賃貸の契約の方が安めに抑えられていますが、内装や部屋のグレードによって賃貸契約の形式の方が賃料を上回る事もあります。物価は都会の方が高いので、地方よりも都会に住む方が賃料は掛かる傾向です。
賃貸契約の場合、管理人や不動産会社などに支払う敷金や礼金が必要ですが、最近はゼロゼロ物件が増えているので、敷金などの前払金を支払わないで良い場合もあります。マンスリーマンションの場合は、原則的に敷金などの前払金は不要です。
賃貸契約を行う時は、契約者が家賃などを支払えない場合に代わりに支払ってもらう連帯保証人が必要です。最近は保証会社が保証人になってくれる事も多いですが、保証をしてもらう人を見つける手間が掛かります。マンスリーマンションは連帯保証人を必要としないが、連絡が途切れると不動産会社に困る事を考慮して、本人を除いて連絡先の出来る人を探す事も必要になる場合が多いです。
家具や家電製品が充実している事から、大掛かりな引越しの作業と費用は不必要ですが、足りない消耗品や使い切った消耗品は自分で買い揃える必要があります。

TOP