マンスリーマンション

サイトマップ

マンスリーマンションの窓ガラスの特徴と割れた時の対処

マンスリーマンションは建物によって窓のタイプが異なっています。基本的にはバルコニーが付いているタイプが多く、クレセント錠によって窓を開けられるようになっています。窓には透明なガラスだったり、ワイヤーガラスだったり、すりガラスということもあります。もし透明なガラスやすりガラスなど、特定の窓の部屋を望むとしたら、事前に調べることが重要です。
マンスリーマンションの窓には網戸が付けられているなら、虫が入る心配は無く、外の風を入れることができます。網戸があるかは確認してみましょう。北海道など北国の場合は、二重窓になっている場合があります。これは室内の保温性を高めて暖房費を節約するのに役立ちます。
上層階だったら眺めの良い部屋になりますし、夜景を見たり遠くの景色を眺めるのに都合が良くなります。下層階の場合にはビルが目の前にあったりして、窓からの眺望が良くないことがあります。
万が一窓ガラスが割れてしまうことは有り得ることです。その場合は個人的に修理を頼むよりは、マンスリーマンションの管理会社に連絡をしてみましょう。自分で割ってしまった場合は弁償する可能性が高くなりますが、割れてしまったた状況によっては、無償で交換してくれることもあります。

中高年向きなら確実にエレベーター付きのマンスリーマンション


建物の高い所に素早く移動するならエレベーターですが、中層から高層のマンスリーマンションでも、高速移動できるエレベーターが備え付けられています。
しかし地上2階建てや3階建てのマンスリーマンションの場合には、エレベーターがないことがあります。エレベーターがあるかないかを重視する人の場合は、地上何階建てなのか、エレベーターはあるのかについては、借りる前にチェックしておいてください。
たとえば足が悪い人は2階だとしてもエレベーターを利用したいところですし、重たい荷物がある場合などもエレベーター付きのほうが移動が楽です。中高年の年代がマンスリーマンションを借りる場合には、足腰に自信がない理由でエレベーターを好む傾向にあります。このあたりはわりと軽視できないポイントになりますので、覚えておいてください。
健康なかたであれば階段を使って昇り降りすることも支障がなく、生活を楽にすることができます。2階だったらエレベーターを使うより階段のほうが早く移動できるからです。
マンスリーマンションの外階段の注意点としては、外側に張り出しているだけに身を乗り出すと危険なことがあります。また、子供が遊ぶと危険なこともありますから、利用のときは注意を払うべきでしょう。

オートロックのマンスリーマンションを選んでみる


自宅の鍵をどこかでなくしてしまって、大変なことになった経験はありませんか。鍵は従来型の金属の鍵のイメージはだんだん薄くなっていますが、マンスリーマンションでも同様のことです。
マンスリーマンションの場合は予備の鍵が用意されているので、紛失しても部屋に入れなくなる心配はありません。でも一度なくした経験があったり、なくしたくない人の場合、最初から金属の鍵を使わなくても良い物件を選んでみたいことはあるでしょうか。
たとえばオートロックのマンスリーマンションを選んでみましょう。オートロック物件は、いま急速に広まってきています。短い暗証番号だけ室内に入れるということですから、財布のなかのメモや、ケータイにメモしておいた番号を見れば良いということになります。
オートロックでは非常用のキーも使用することができます。暗証番号は一般に4桁から12桁ということになっており、自分が覚えやすい番号を暗記しておけば、問題ないでしょう。
また、近年少しづつ増えてきているのが、指紋認証システムのオートロックです。自分の手の指紋を鍵とすることができるわけなので、金属の鍵を持ち歩く必要がなくなります。
マンスリーマンションでオートロック物件を探すには、サイト内検索で「オートロック」で検索するだけで、数多くの物件を探すことが出来ます。


東京でマンションをお探しならマンスリー新宿の物件を紹介している「エルシボックス」がいいですよ。

TOP